車検を大野城で行う時にすべきこと

車検 大野城

大野城で車検を行いたい場合に、どの様な準備をすればよいのかなどをお教えします。それに際して先ず車検とはそもそも何のために行うのか説明します。車検は法律で定められている検査や点検の事で、車検を受けた結果整備が必要と判断された箇所を直さなければその後の走行はできません。先ず検査の内容ですが、これは法律で定められている項目56項目について国家資格を有する整備しによって点検が行われます。その車検は新車なら3年に一度、その後は2年に一度となりますがその間にも12ヶ月点検や24ヶ月点検があります。こちらも法律により定められた項目を、国家資格を有する整備士によって点検してもらう事で、安全に走行できるようになります。そして任意とはなりますが、先述の検査箇所や点検箇所に整備が必要と判断されれば、必要な整備を行うことが安全に走行するためのルールとなっています。

大野城で車検を受ける際に必要な事

では車検を受ける際に必要となる持ち物をご説明します。先ずは自動車検査証といって、車検証と呼ばれるものです、これがなければそもそも車を走行させることもできません。更に納税証明書や自賠責保証と、印鑑に車検にかかる費用を準備していく必要があります。車検費用についてはいくらかかるか分からない場合、一旦見積もりを出してもらうという事もできますので、他の車検を行ってくれるスタンドや車検工場なども見たいという場合には、事前見積もりを出してもらうといいでしょう。どの業者でもそうですが、自分の所で車検に出してもらいたいと考えているので、早期に見積もりをして予約をすれば、割引になるほか代車を優遇してもらえるなど特典が付く事も多くあります。航空チケットを取る場合などもそうですが、やはり大野城でも早期予約がお得になってきます。

大野城で受ける車検は3つの種類があります

大野城で車検を受ける際には、3つの種類があるのでご紹介します。一つ目はユーザー車検で、これは車両を保有するユーザー本人が点検を行う事になります。陸運事務所へと車両を持ち込み検査に合格すれば検査標章の発行が本人または代行業者によって行われます。次が認証工場での車検です。こちらはテレビCMなどでも宣伝されている従来型の車検で、12ヶ月もしくは24ヶ月の点検となり2年間安心安全に走行できるという事を原則に行われます。同じく陸運事務所にて検査に合格すると検査標章が発行されます。この認証工場の車検にはジャスト・イン・サービスといって12ヶ月もしくは24ヶ月点検の際に、検査の合否情報を提供し不適合箇所の整備やユーザーの判断による予備整備が行えるシステムもあります。更にもう一つ一番安全なのが指定工場での認証工場と同じように車検を受ける方法で、こちらをオススメします。